FC2ブログ
本日入荷のお野菜です。
つるむらさき
赤つるむらさき
空芯菜
モロヘイヤ
水前寺菜
牛蒡
赤じゃがいも
おくら
赤おくら
冬瓜
南瓜
ひょうたん形の南瓜
ひょうたん南瓜
写真のひょうたん南瓜の下にあるのが手前から
赤つるむらさきと緑のつるむらさきです。
 お客様から、モロヘイヤが葉はもちろん
茎の部分も新しいから柔らかいわとおっしゃって
もらいました。(^O^)

スポンサーサイト




【2009/08/31 15:50】 | 野菜について トラックバック(0) |


パプリカ
つるむらさき?空芯菜?
変わった名前のものばかりですね。
スーパーでは見たことがありません。

どのように料理するのでしょう・・・
レシピなど紹介していただけるとうれしいです。

Re: コメントありがとうございます。
ようこそ、つつみのブログへ!
コメントありがとうございます。
いつも気にかけていただいてありがとうございます。

> つるむらさき?空芯菜?
> 変わった名前のものばかりですね。

つるむらさきとかは
熱帯アジア地方原産の中国野菜なんです。
日本でも多く栽培されるようになった野菜です。
スーパーでも、たまに見かけることもあるのですが、
パプリカさんのお近くでは、見ないんですね?

もし、八百丑の店の近くにお住まいでしたら、
ぜひご来店ください。今なら、みていただけます。(^0^)/


> どのように料理するのでしょう・・・
> レシピなど紹介していただけるとうれしいです。

つるむらさきは、カロチン・カリウム・ビタミンC・鉄分を多く含んでます。
モロヘイヤみたいに、独特のネバネバがあって、
肉厚なんで茹でても、あまり量が減りません。別名セイロンホウレンソウとも言います。

料理するには、基本的に塩茹でしてから使ったほうが使いやすみたいです。
私は、洗ってそのまま刻んで炒め煮にしたりしました。
主に、炒めたり、炒め煮にしたり、和えたり、
日本風にだし汁とかで煮浸しとかもよいかも。
調味料は、主に醤油、酒、ごま油などを使ったりします。
和え物のタレには、醤油ベースに酢やごま油にお好みでラー油なんかも美味しいです。
中国風やベトナム風の味付けが、元祖でなじみやすいんでしょうね。魚醤とか。

空芯菜も、高温多湿を好み、東南アジアで広く栽培されてます。
もちろん、日本でも多く栽培されています。
カルシウム・ビタミンAは、ほうれん草の2倍。
空洞の茎のサクサクした食感が持ち味なので、
炒め物が一番良いかも。強火で短時間がポイントです。

菜っ葉類は、大好きなんですが、凝った料理はしてないんです(;。;)
手前勝手な文章ですみません。
パプリカさん、ガンバってくださいね。










コメントを閉じる▲