FC2ブログ
こんんちは♪久しぶりの更新です

5月12日、御所市の柿産地オーナー園で行われた
柿の摘蕾(てきらい)作業がありました
全体01




 ★八百丑でも、社長が柿の木オーナーなんです★ 
木02


『摘蕾』とは、その字のごとく…たくさんついた蕾の
中から一枝一つだけを残して、あとは摘み取って
しまうことで、リンゴなんかも行うそうですね。

大きくて美味しい柿の実を育てるためには
とっても重要な作業なのです。
摘花と言って、花が咲いてから摘み取る場合も
あるようですが、柿の場合には花が咲く前に
摘んでしまう方が良いそうです。

初夏を思わせるような陽射しのもと
たくさんのオーナーさんたちが訪れていました。


はじめに柿産地協議会の会長さんから
摘蕾の方法やコツを教わり…
会長01


いざ!『八百丑』の柿の木へ!

まずは、いろんな珍客との戦いでした。
虫02虫01蛙01

(毛虫くんやカエルくんがやって来るのは安心安心)

そして、一枝に一つだけ残して摘み取ります
実02
指を添えて倒すだけでポロリと落ちます
作業02
Nさんと2人がかりで、しばしの作業
暑い…

続いて会長さんが『挿し木』の方法を
教えてくださいました。
手入れ01

熱心に質問される方もおられて、関心の高さがうかがえます。

作業終了後は、柿部会の婦人部の皆さんから
奈良の特産品のひとつでもある柿の葉寿司や
自家製こんにゃくのおもてなしをいただきました。

寿司02

そして、柿の葉寿司の包み方を教わって挑戦。
寿司01


社長からの
「秋の収穫は、君らの作業の成果が左右する~」との
プレッシャーもどこへやら・・・

料理01

お寿司やこんにゃく、自家製のお漬物をいただいて
満足度はグングン上昇♪ とっても幸せなひとときでした。

秋の収穫が待ち遠しいやら…心配やら…
 どうか、たくさん柿の実が獲れますように… 


最後に協議会の皆さんをパシャリ★
集合01

お世話になりました





スポンサーサイト




【2013/05/28 16:21】 | 未分類 トラックバック(0) |